熱帯低気圧が台風へ発達する予想 近畿・東海・関東甲信で大雨の恐れ

熱帯低気圧が台風へ発達する予想 近畿・東海・関東甲信で大雨の…の画像はこちら >>
日本の南にある熱帯低気圧が、次第に台風へ発達する予想。きょう23日から24日にかけて、近畿、東海、関東甲信で断続的に雨が強まり、激しく降る恐れがあります。
熱帯低気圧は台風へ 次第に北上
きょう午前6時の観測によると、熱帯低気圧が日本の南にあり、1時間に約30キロの速さで北へ進んでいます。この熱帯低気圧は、今後12時間以内に台風となることが予想されています。台風は、きょう23日夜から24日午前には近畿へ、24日には東海から関東甲信へと、かなり接近し、25日の朝までには東日本太平洋側で温帯低気圧に変わる見込みです。
台風接近前から 雨脚強まる
今朝は、熱帯低気圧の北側にある活発な雨雲が本州の太平洋側に広がり、紀伊半島を中心にすでに雨の強まっている所があります。近畿から東海、関東甲信にかけて、台風がかなり接近するタイミングよりも前から断続的に雨が強まり、激しく降る恐れがあります。局地的には、1時間50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。激しい雨が降りやすくなるのは、近畿ではきょう23日の昼前から24日の明け方、東海では23日の夕方から24日の昼頃、関東甲信では23日夜から24日いっぱい、となりそうです。激しい雨により、道路や線路が冠水するなど、交通に影響が出る恐れがあります。また、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、注意・警戒が必要です。なお、きょう23日は、九州や中国、四国も台風周辺の湿った空気などの影響で大気の状態が不安で、あちらこちらで雨雲や雷雲が発達するでしょう。急に強まる雨や雷雨にお気を付けください。さらに、北陸から北でも、前線が近づいてくるため本降りの雨となり、北海道の南西部では激しく降る所もあるでしょう。
予想される雨の量

予想される24時間雨量は、あす24日午前6時までの多い所で、東海と近畿:200ミリ関東甲信:120ミリ25日午前6時までの多い所で、東海:100~200ミリ関東甲信:100~150ミリ です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、注意・警戒が必要です。また、近畿や東海、関東甲信にかけて、台風の接近に伴い、沿岸部を中心に風がやや強く吹く所があるでしょう。高い波にも、ご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする