職務可能だったのに…「診断書に不当に介入」和光市職員の分限休職を巡る訴訟、市の上告棄却で二審判決確定

市職員の心身の疾患による分限休職処分を巡り、職員が処分の無効と減額された給与などの支払いを市に求めた… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする