「まずは風呂」「畳の手配を」原発事故で避難する福島県双葉町の1千人超を受け入れた知事と市長、その決断の舞台裏

福島県双葉町は2011年3月の福島第1原発事故で、役場機能ごと町民が約200キロ離れた埼玉県東部に位… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする