試合中にユニフォームを脱いだサッカー選手 カメラに向かって見せたのは…

イスラエルで行われたサッカーの試合中に起きた出来事が話題になっています。
2022年9月、サッカーチーム『ハポエル・リション・レジオン』でミッドフィールダーとして活躍するイーライ・タマム選手は、試合に出場していました。
彼はこの試合で見事なシュートを決めます。
ボールがゴールネットを揺らした直後、イーライ選手はユニフォームを脱ぎました。
すると、喜んで駆け寄るチームメイトを押しのけて、テレビ中継をしているカメラのほうに走っていきます。
彼がカメラに向かって見せたかったものは…こちらをご覧ください。
: pic.twitter.com/lL8uCiR8Pj
イーライさんが着ているTシャツにプリントされているのは、愛犬のスカイの写真。
実はこの試合の数日前に、スカイは天国へ旅立ったのです。
イーライさんは8年前に、子犬だったスカイを家族に迎えました。
しかし、スカイが1歳の時に、獣医からてんかんを患っていることを知らされます。
それからはスカイは病気と闘い続ける日々だったそうです。あらゆる治療や薬を試したものの、この2年間はスカイにとって非常に困難な日々が続いていたといいます。
その結果、イーライさんは最愛の犬を失う悲しみとともに、スカイを苦しみから解放してあげることを選んだのです。
試合でゴールを決めた後、彼はスカイの写真にキスをして、涙を浮かべながら空を見上げました。
悲しみをこらえながら出場した試合で決めたゴールを、空の上のスカイに捧げたかったのでしょう。
※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。
A post shared by elay tamam ● (@elay_tamam)
この感動的なシーンは、見ていた多くの人たちの心を揺さぶったようです。
・彼はスカイへの愛情を、この感情的な追悼で示したんだね。
・こういうの大好き。ペットは無条件の愛とサポートをくれる。美しい示し方でペットの愛を称えてくれてありがとう。
・素晴らしいね。スカイは天国から見ていただろう。
ウェブメディア『The Dodo』によると、試合中にユニフォームを脱いだことでイーライさんは罰を受けたそうです。
彼はルール違反をしてでも、多くの人たちに、自分のスカイへの愛情を知ってほしかったのではないでしょうか。
大勢の前で自分への愛を示してくれたイーライさんを、スカイも見守っていたかもしれませんね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする