面倒な栗の下処理も、これで解決! 超簡単な方法に「目からウロコ」

『食欲の秋』といわれるように、秋はおいしい食材が豊富な季節。中でも栗は、『秋の味覚』を代表する食材の1つです。
炊き込みご飯にしてもよし、スイーツにしてもよしと、万能食材の栗ですが、下処理が面倒くさく、手が出しにくいと感じている人は多いことでしょう。
そんな人は、稲本雄太(@InamotoYuta)さんがTwitterに投稿した、簡単すぎる栗の下処理方法を試してみてはいかがでしょうか。
まずは、栗を一晩冷凍庫に入れて凍らせます。
冷凍した栗に、熱湯に5分ほど浸しましょう。
その後、栗のお尻の部分を包丁で落とし、そこから手で剥いていくとご覧の通り。つるんと、鬼皮と渋皮が剥けるというのです。
もともと、ネットでこの下処理方法を知り、半信半疑で試したという稲本さん。
楽に、かつきちんと下処理ができるのは、稲本さんが投稿した写真を見れば一目りょう然です!
面倒なクリの下処理。一晩冷凍したものに熱湯をかけ、5分ほど置くと手で鬼皮と渋皮がつるんと剥ける。 pic.twitter.com/jZbjbHpNY1
「これは知らなかったので早速やってみます」「目からウロコ!」と多くの反響が寄せられた、栗を冷凍してからの下処理方法。
手で剥くという手間こそあれど、包丁を使う回数が減るので、「安全性も高い」と稲本さんはつづっています。
これまで下処理が面倒くさくてなかなか手が出せなかった人も、この方法でたくさんの栗料理に挑戦してみてくださいね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする