【台風15号】東海地方には23日夜遅くから24日明け方にかけて最も接近

台風15号は現在高知県室戸岬の南、およそ300キロの海上にあり、この後北上し、今夜和歌山県の潮岬付近に到達したあと、東海地方には今夜遅くからあす明け方にかけて最も接近する見込みです。
台風接近前から、暖かく湿った空気が流れ込み、三重県尾鷲市では断続的に強い雨が降っています。

東海地方はあす昼前にかけて、非常に激しい雨の降る所があり、あす正午までに予想される、雨の量は、いずれも多い所で、三重県で200ミリ愛知県で150ミリ、岐阜県で120ミリの見込みです。

台風の進路や発達の程度によっては広い範囲で警報級の大雨になるおそれがあり気象台は土砂災害などに、警戒を呼びかけています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする