1匹の野良犬を見つけたと思ったら? 続く展開に「素晴らしい」「ありがとう」

アメリカのテキサス州で動物保護活動をしているクリスティン・アーウィンさんは、仕事場の近くのボートデッキに「野良犬がいる」という情報を耳にしました。
気になった彼女はボートデッキへ行くと、1匹のメス犬がいました。
その犬はガリガリに痩せていて、クリスティンさんを警戒する素振りもなく、しっぽを振って近付いてきます。
この時、彼女の家には新しい犬を保護する余裕がなかったため、せめて犬に水と食べ物だけでもあげるつもりでいたそうです。
しかし、彼女はあることに気が付きました。メス犬はとても痩せているだけでなく、母乳が出ていたのです。
「この犬は授乳をしている。近くに子犬がいるはず!」
そう思ったクリスティンさんは、子犬を探し始めます。
ウェブメディア『The Dodo』によると、彼女は近くで出会った地元の人に「子犬を見かけませんでしたか?」と聞いてみたのだそうです。
それからまもなく、閉鎖されたレストランの敷地内で8匹の子犬たちを発見!
母犬は人が来なくて安全だと思ったのか、この場所に子犬たちを隠していました。

クリスティンさんはこの親子を置き去りにすることなんてできませんでした。
彼女は母犬にマーラと名付け、8匹の子犬たちと一緒に家に連れて帰りました。
マーラと子犬たちは1か月ほどクリスティンさんの家で過ごした後、別の仮里親に預けられ、その後、全員に里親が決まったということです!
この動画には「素晴らしい母犬だね」「この親子を助けてくれてありがとう」などの声が寄せられています。
見つかった時、子犬たちは元気いっぱいでしたが、マーラは疲れ切った様子だったそうです。
きっと子犬たちを生き延びさせるために必死だったのでしょう。
自分の体がボロボロになっても、我が子を守ろうとしたマーラの母性と愛情に、感動させられますね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする