宮根誠司氏、旧統一教会側に宣言「我々の番組に異議があるなら、申し立てていただきたい」

23日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、23日、同番組が生中継した世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が都内で開いた記者会見について特集した。
会見には、教団の改革推進本部長に就任した勅使河原秀行氏が出席。会見で「安倍元総理の銃撃事件以降、様々な報道を通じて世間を大変お騒がせしたことならびに日本国政府そして国会議員の皆様に大変なご迷惑をおかけしたこと心からおわび申し上げる」と謝罪した上で様々な教団批判に弁護士とともに反論。独自の改革案を発表した。
前日の会見の生中継、そして、この日の放送と同番組では、旧統一教会の取材をして20年のジャーナリスト・鈴木エイト氏と取材歴40年の有田芳生氏が疑問点について「異議あり!」の札を上げて話題を呼んだ。
宮根誠司キャスターはこの日の特集の最後に「勅使河原さんは昨日、囲み取材も受けるって、おっしゃっているんで、もし、我々がエイトさんたちにいろいろ聞きましたけど、それに異議があるなら、旧統一教会側、家庭連合側から我々の番組に異議を申し立てていただきたいと思いますと」テレビカメラに向かって話していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする