日産が「デイズ」「ルークス」を改良 – 燃費が向上、特別仕様車を追加

日産自動車は軽自動車の「デイズ」と「ルークス」を改良して発売した。

○2トーンカラーを新たに設定

デイズは「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」において「スモールモビリティ部門賞」を受賞した軽自動車。存在感のあるデザインと広々として質感の高いインテリア、運転支援技術「プロパイロット」「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「SOSコール」「踏み間違い衝突防止アシスト」などの充実した先進安全技術がユーザーから好評を得ている。

ルークスは「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」において「K CAR オブ・ザ・イヤー部門賞」を受賞。スーパーハイトワゴンながら安定感の高い走行性能や広さ、使い勝手の良さなどを高く評価されている。

今回の一部仕様向上ではデイズ、ルークスともにシートを抗菌仕様とした。表面に付着した菌の繁殖を抑制し、クリーンで快適な車内を保つ。さらに、両モデルとも燃費が向上。またデイズは、後席クッションの厚みを変更することにより座り心地も高めている。

今回新たにデイズには、撥水加工シートや「インテリジェント アラウンドビューモニター」を標準装備した特別仕様車「ファイントーン」を追加。黒とベージュのハイコントラストな特別内装と充実の安全装備を兼ね備えたグレードとなる。

ルークスの「ハイウェイスターXプロパイロットエディション」には15インチタイヤ&アルミホイールを標準設定とし、さらに魅力的なグレードとした。またXターボグレードを新設した。

エクステリアカラーでは、デイズにホワイトパール/アッシュブラウンの2トーンを、ルークスにはソーダブルー/アッシュブラウンの2トーンを新たに追加する。

価格はデイズが133.21万円~190.74万円、ルークスが146.3万円~209.22万円。

また日産モータースポーツ&カスタマイズは、デイズ「ボレロ」およびルークス「AUTECH」「アーバンクロム」「ライフケアビークル(LV)」シリーズを一部仕様向上し発売した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする