関東週間 あす24日 台風15号かなり接近 大雨に警戒

関東週間 あす24日 台風15号かなり接近 大雨に警戒の画像はこちら >>
きょう(23日)午前9時に発生した台風15号は、あす(24日)関東甲信地方にかなり接近する見通しです。所々で激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。連休明けも湿った空気や前線の影響を受けやすく、天気は短い周期で変わりそうです。
あす24日は大雨に警戒

けさ四国沖で発生した台風15号は、あす(24日)にかけて関東甲信地方にかなり接近する見通しです。ただ台風としての寿命は短く、あさって(25日)朝までには、関東の東で温帯低気圧に変わるでしょう。台風としてあまり発達はしないものの、熱帯由来の湿った空気を持ち込みます。台風15号の特徴としては、中心の北側に発達した雨雲を伴っていることです。すでに東海地方を中心に活発な雨雲がかかり、愛知県では線状降水帯が発生しました。また、台風の動きは比較的ゆっくりで、関東ではあす夜にかけて長く影響を受けそうです。雨は、きょう(23日)の夜遅くから強まります。あす(24日)の関東は強弱を繰り返しながら雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降るでしょう。雨の降る時間が長く、大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫などに注意・警戒が必要です。沿岸部を中心に風が強まり、横なぐりの雨となりそうです。また、気温は30度くらいまで上がる所が多く、かなり蒸し暑くなるでしょう。気温の変化にもお気を付けください。あさって(25日)は、台風から変わる低気圧は次第に不明瞭になりますが、関東付近には前線の影響が残りそうです。このため天気の回復は遅れるでしょう。

連休明け 天気は周期変化
連休明けは天気が短い周期で変わるでしょう。高気圧が周期的に北日本付近を進みます。関東地方からみると高気圧の中心が北に偏っているため、湿った東風が入りやすくなります。このため、日差しがあっても雲が目立つでしょう。また27日から28日頃は、南から気圧の谷が近づき、広く雨が降りそうです。ただ、雨のタイミングについては、予想に幅があるため、最新を確認なさってください。湿った東からの風は、涼しい空気を運んできます。最低気温は、平年を上回る日もありますが、最高気温は平年並みの日が多いでしょう。日中は、日差しの有無や湿度の変化で体感が変わりそうです。調節しやすい服装でお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする