ワークマンに入って来た『ゴリゴリの職人風』男性客 やり取りに目を奪われる

工場作業向けの作業服の種類は実にさまざま。どんな現場かによって、来ている作業服も異なります。
また、最近では機能性がもっとも大事な作業服ですが、『トレンド』も意識したものが登場しているようです。
工務店での日常や建築現場の『あるある』をInstagramに投稿しているアカウント『工務店の日報』(komuten_no_nippo)では、そんなトレンドを意識した作業着に関するエピソードを読むことができます。
プロ御用達の『作業着専門店』として知られるワークマンを訪れた、2人組。
スリムなフォルムの作業着を見かけるも、昔ながらのニッカポッカを愛用する職人たちは、どう思うのかが気になっていました。
すると、タイミングよく『ゴリゴリの職人風』な男性客たちが来店。彼らの姿を目で追っていたところ…。
大き目のゆったりとしたフォルムのニッカポッカを履いていた職人風の男性ですが、スリムな作業着にも興味をもった様子。
試着後、仲間から「似合う」といわれた後の返答は、まるで若い女性同士のやり取りかのようです…!
【ネットの声】
・最初は先輩の手前、太いズボンを履いていたけど、いつかは細くしたいって思っていたのかも知れませんね。
・心のどこかで、「ゴリゴリを貫いてもらいたかった」と切なく感じる自分がいる。
・うちの夫も、作業着はツナギだったのに、上下セパレートの細デニムになってました。
時代とともに、ファッションの流行は変わっていくもの。それは、作業着であっても同じなのでしょう!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする