新米の季節に食べたい!!ニッポン全国「ご飯のお供」“東西”で食べ比べてみました!

47都道府県すべてに“ご飯のお供”は存在する!懐かしいふるさとの味や、旅先で食べた思い出の味。お気に入りの1品見つけてみませんか?
その土地の恵みとアイデアがつまった郷土色豊かなご飯のお供。そんな“ふるさとの味”をニッポン全国から発掘してきたのが・・・秋葉原駅から徒歩1分、47都道府県の名産品がそろうセレクトショップ『日本百貨店しょくひんかん』。新米の季節ご飯のお供を探すお客さんで、賑わっています!新米の季節に食べたい!!ニッポン全国「ご飯のお供」“東西”で…の画像はこちら >>

神奈川出身のお客さん「やっぱ私、島根『頼むからごはんください』(710円)だわ。じゃこが好きで山椒の辛みがいい感じかなと思って」東京出身のお客さん「おれはこれだね。『牛タン仙台ラー油』(1126円)。ラー油が好きっていうのと牛タンも好き」そこで…東と西に分かれて、“ご飯のお供”を大調査!紹介する“東の代表”は、缶詰担当の谷原寿一さん。“西の代表”は中国地方の特産品をメインに担当する苅込夏紀さんです。
まずは海鮮系のご飯のお供。東は三陸・気仙沼から!“東代表”谷原さん「宮城県・あかふさ食品さんの『しゃけ辛めんたい』(565円)です。ひたすらご飯をかっこむことができる、有能なおかずだと思っています」

サケと明太子、単独でも美味しいご飯のお供の最強コラボ!サケ本来のうま味を引き立てるため、あまり辛すぎないのがポイント。後味で、さりげなく主張してくる明太子が、箸を置かせてくれません。対する西は、養殖が盛んな和歌山!“西代表”苅込さん「紀州の海と山の恵みを一粒にぎゅっとまとめた、新しい感覚の梅干しとなっております」海鮮系で梅干しって…変化球すぎません?良原安美キャスター「ん?なんか入ってる。何これ?お魚!?」種の代わりに入っているのは、甘酢みそで味付けした鯛のほぐし身!しかも、梅酢エキスを配合したエサで育った和歌山県串本町の特産品、「紀州梅まだい」なんです。

梅の酸味のあとに、鯛のやさしいうま味が追いかけてくる完成された「真鯛梅5個入り」(2099円)。豪快にかきこむよりも、お茶漬けで、上品に味わいたい逸品です。東京出身のお客さん「奮発しました」「値段で悩んでたんですけど、梅の中に鯛って見たことないなっていうのと、普通に美味しそう」「こういうところに来ると、西のもの買いがちですね」ちょっと西が優勢か?ここは「ワンコイン対決」といきましょう!缶詰担当の谷原さんも驚いたのが、茨城・銚子港で水揚げされた「木桶仕込み八丁味噌SABA缶」(398円)。

埼玉出身のお客さん「サバの味噌煮っぽいんですけど『八丁味噌&八丁味噌』って書いてあるんですよね。みそ濃いめなのかなと思って」そう、味付けにも、並々ならぬこだわりが!2社の八丁味噌をブレンドしてコクを出し、さらに、“木桶仕込み”のしょう油と酢で、後味はすっきり。家庭では真似できない贅沢な味わいです。“東代表”谷原さん「もったいないので、できれば汁も飲んでいたできたい。そういった商品でございます」汁ごと美味しくいただくには、カレー粉を加えるのがオススメ!脂ののったサバに、食欲をそそるカレーの香りと味噌のコク。三位一体でごはんが止まりません!一方、西からは南国・宮崎の“太陽の恵み”が461円で!“西代表”苅込さん「こちらの『日向漬け』です。このボリュームでワンコインという部分はコスパがいい」

「天日干し沢庵日向漬」(461円)の日向漬けとは、宮崎産の天日干しした大根で作ったほんのり甘いたくあん。冬の間、2週間ほど干すと、程よく水分が飛んでうま味が凝縮するんだそう。細かく刻んで、すりごまを加えれば、さらに風味がアップ。冷めても美味しいので、お弁当に最適です。
と、ここで…お客さんに大調査!東と西、どちらのご飯のお供が気になりましたか?山梨出身のお客さん「中国・四国地方は行ったことがないので、ちょっと気になりますね」山梨出身のお客さんが選んだのは和歌山の「山椒佃煮白醤油」(1121円)。しょう油がしみ込み、ふっくらとした山椒。ピリリとしたシビレの中に、まろやかさも感じる絶妙な味わいです。

一方、「薫のにんにくたまり漬け」(997円)を選ぶ、地元愛の強いお客さんも。鹿児島出身のお客さん「鹿児島でニンニクを作ってるって知らなかったので。地元のものが食べたいなと思って購入しています」パンチの効いたニンニクに合うのは、濃厚な生卵。スタミナ満点の卵かけごはんは、息子さんの大好物だそう。新潟出身のお客さん「私新潟なので。新米もうすぐ届くので」田舎にも送るという“ご飯のお供”が…静岡の「海苔いわし」(396円)!クセがなくやさしい風味のいわしの削り節に、香ばしい焼き海苔。ご飯の甘みを邪魔しない軽い食べ応えです。

新潟出身のお客さん「(新潟には)幼稚園児からばあさんまでいるので、ご飯にみんなかけて食べる。すぐなくなりますけどね」

東も西もいい勝負!こうなったら…“インパクト勝負”で白黒つけましょう!“東代表”谷原さん「福島県、吾妻食品さんの『うまくて生姜ねぇ』(748円)です」
TBS NEWS DIG Powered by JNN
ショウガだけに、しょうがねぇ・・・なるほど。でもお客さんへのアピール力は、抜群なようです。北海道出身のお客さん「ショウガは好きですね、温まるから」神奈川出身のお客さん「ショウガは体にいいかなと思って」たっぷり入った刻みショウガは、かめばかむほど刺激的!ショウガの香りを閉じ込めた特製のしょう油ダレだけでも、ご飯がいけちゃう美味しさですが・・・良原キャスター「すごい!しょうが焼きの香りしてきた!」しょうが焼きの味付けにも使える、万能なご飯のお供なんです。良原キャスター「ショウガのシャキシャキした食感も感じられて、ちょっと自分で作るより本格的というかお店で食べるような味がします」福島のダジャレに挑むのは・・・大分の強烈キャラ「ニラ子ちゃん」!美味しすぎて泣いている“ニラ子ちゃん”が目印。アツアツご飯が止まらない、その名も「必然のニラ醤油」(879円)。

大分は全国有数のニラの産地なんです。良原キャスター「美味しい!茎の部分が使われているので、葉っぱの部分より、シャキシャキした食感が感じられます。そしてお醤油が甘い。唐辛子も入っているのでちょっとピリッとします」開発したのは、大分県にあるラーメン店「元祖辛麺屋桝元」。看板メニューの「辛麺」に使用するニラは葉の部分だけで、茎は廃棄されていたそう。「必然のニラ醤油」を開発 時松秀豊史 社長「もったいないよなって、ほんとやなみたいな。これはどうにかならないかと」

そこで誕生したのが、細かく切ったニラの茎のしょうゆ漬け。しかも・・・“西代表”苅込さん「アレンジですと麺類にすごく合うので、ちょっと入れただけでも“味変”できて、2杯目、3杯目とすすむ調味料です」東と西、お客さんの支持を集めたのは…50人に調査したところ、西が一歩リードという結果に!みなさんも、お気入りのご飯のお供、みつけてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする