店頭で遭遇したランチパック、なぜか人々をビビらせる 「こっちの点数」が貯まると…

定番どころから変わり種まで、非常に豊富なバリエーションで人気を博している「ランチパック」シリーズ。
なお現在ツイッター上では、同シリーズにおける新商品が「別の意味にしか見えない」と話題になっていることをご存知だろうか。
【話題のツイート】もう、そうとしか見えない…
注目を集めているのは、ツイッターユーザー・ゆかりごはんさんが投稿した1件のツイート。
こちらの投稿には「県警コラボに2点のシールとかギャグにしか見えない」とだけ綴られており、添えられた写真には「デミグラスハンバーグとポテトサラダ」なる味のランチパックが収められている。
一体、ツイートの内容は何のことを指しているのだろう…と一瞬首を傾げてしまったが、パッケージデザインと、商品に貼られたシールを見て即座に納得。
店頭で遭遇したランチパック、なぜか人々をビビらせる 「こっち…の画像はこちら >>
パトカーの隣で警察官の制服に身を包んだ2人のキャラクター・ランチちゃんとパックくんが描かれたパッケージには、「2点」のシールが貼られており、ゆかりごはんさんはこの組み合わせから交通違反における「違反点数」を連想してしまったのだ。
関連記事:大阪王将とヤマザキがコラボ! 餃子を蒸しパンで包んだ「餃子棒」が誕生
こちらのユニークなツイートは投稿から1日足らずで1万件以上ものRTを記録しており、他のツイッターユーザーからも「点数を貯めて免停を貰おう!」「逆にシール集めたらゴールド免許にしてほしい」「山崎パン、絶対狙ってるだろ(笑)」といったノリノリな意見が多数寄せられていた。
なおツイート投稿主・ゆかりごはんさんは、こちらの商品を茨城県内の某コンビニにて発見したのだそう。
そこで今回は、こちらの県警コラボ(?)の詳細をめぐり、ランチパックを展開する「山崎製パン」に詳しい話を聞いてみることに。すると、コラボに込められた「熱い想い」が明らかになったのだ…。
県警コラボに2点のシールとかギャグにしか見えない pic.twitter.com/vMI6lAtrjc
ゆかりごはん (@yukar1bp5a) September 19, 2022
まず、今回のツイートの詳細について山崎製パンの広報に伝えると、あまりにユニークな視点が予想外だったのか、担当者も思わず笑顔を見せる。
今回話題となった新商品「ランチパック(デミグラスハンバーグとポテトサラダ)」は、9月1日から30日にかけて千葉県を中心とした関東エリアでのみ販売される限定商品で、こちらは千葉県警察とのコラボによって実現したものと判明。

なお、発売の経緯について担当者は「当社の千葉工場が千葉県警察とタイアップし、9月21日から9月30日まで実施される『秋の交通安全運動』に合わせて開発しました。パッケージには、飲酒運転撲滅への標語をプリントするなど、交通事故防止を呼び掛けています」と説明している。
ちなみに、山崎製パンでは本社にて開発する全国発売商品のほか、全国各地にある工場で開発した商品が存在し、これらは基本的に「工場のある周辺地域」でのみ販売されているそうだ。
商品に貼られているシールは「ヤマザキ 2022秋のわくわくプレゼント」の応募券で、こちらは9月1日から11月15日の期間、「ヤマザキグループお菓子のびっくり箱」「BRUNOコンパクトホットプレート」が総計40,000名様に当たるキャンペーン。点数券は「一律2点」ではなく、キャンペーンや、対象商品の出荷価格によって異なるそうだ。

警視庁公式サイトの発表するデータによると、「信号無視」や「追い越し違反」といった交通違反行為が「2点」として換算される。車を運転する機会が多い人は決してこちらのポイントを貯めず、山崎製パンの健全な点数を貯めていってほしい。
(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする