入浴中の女性を盗撮…千葉県警の警部を地検が起訴 20日には強制性交などで再逮捕も

千葉県警の警察官が住宅敷地内に侵入し、入浴中の女性を盗撮したなどとされる事件で、千葉地検は21日、住居侵入と県迷惑防止条例違反(盗撮)の罪で県警捜査4課の警部、岡田誠容疑者(45)=佐倉市=を起訴した。
起訴状などによると、6月30日夜、県内の女性宅敷地内に侵入し、入浴中の女性をスマートフォンで盗撮。8月12日夜にも千葉市中央区の京成千葉駅のエスカレーターで、別の女性のスカート内をスマホで盗撮したとされる。
岡田被告は20日、2017年に県内で女性に性的暴行を加えたとして、強制性交と住居侵入の疑いで県警に再逮捕されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする