消え入りそうな声で「はい」 ママ友被告 判決読み上げに身じろぎせず

「ママ友」が無罪を訴えるあまたの証言もまた、「虚言」だったのか-。福岡県篠栗町で当時5歳の碇(いかり… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする