ボクシング元世界王者の平仲信明氏、那覇市長選への立候補を辞退 「一身上の都合」

10月23日投開票の那覇市長選に立候補を表明していた、プロボクシング元世界王者で会社経営の平仲信明氏(58)が辞退することが分かった。
関係者によると22日午後にも正式発表する。辞退理由は、先日死去した父・信一氏の件も含めた一身上の都合という。
平仲氏の立候補の辞退で、市長選は「オール沖縄」が推す前県議の翁長雄治氏(35)と、自公が推す前那覇市副市長の知念覚氏(59)の一騎打ちの公算が強まった。
ボクシング元世界王者の平仲信明氏、那覇市長選への立候補を辞退…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする