「東京食肉市場まつり2022」が3年ぶり開催! 常陸牛しゃぶしゃぶの無料試食も

東京食肉市場協会は10月15日・16日、「東京食肉市場まつり2022」を東京・品川の東京都中央卸売市場食肉市場にて開催する。時間は10時~16時(16日は15時まで)。入場無料。

同イベントは、今年で41回目の開催で、今年は3年ぶりに実施する。期間中は、国内産の牛肉・豚肉の消費拡大と、市場の存在についての認知と役割の理解促進、”ブランド牛は、おいしくて安心”のイメージ確立を目的に、市場を年に一度だけ特別に開放する。

今回の推奨銘柄牛は、茨城県の「常陸牛(ひたちぎゅう)」。風味豊かで、特に赤身が美味しくジューシーでやわらかく、自然に食が進むのが特徴であるとのこと。

目玉イベントは、「常陸牛」のしゃぶしゃぶの無料試食。時間は10月15日・16日の10:00~。最高品質の「常陸牛」、国内産牛肉・豚肉と食肉加工品も特別価格で販売する。そのほか、茨城県の豊かな自然環境で収穫された農作物や名産品も販売。

伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ「東京愛らんど」も出店し、「くさや」や「島酒」などの特産品を販売する。都内最大の野菜の市場・大田市場も特別出店し、新鮮で高品質の野菜を販売。「革製品及び革小物販売コーナー」では、お値打ち価格で上質の革製品を展示・販売する。

期間中は、世界各国のさまざまな料理の屋台が、各日6店舗出店する。時間は10月15日・16日の11:00~。

両日とも、ステージでは、名人による伝統芸能「がまの油売り口上」の披露や、いばらき大使「鈴木奈々」さんによるクイズ&トークショー、みのり太鼓の演奏、納豆の妖精「ねばーる君」によるクイズ&トークショー、クイズ大会なども実施する。

センタービル6Fの「お肉の情報館」では、おいしいお肉が食べられるまでの芝浦と場や食肉市場のシステムが学ぶことができる。「芝浦食肉衛生検査所コーナー」では、お肉を安心して食べるためミニ講習会も開催する。

港南ふれあい広場では、抽選コーナー&駐車券サービスを実施。購入1,000円ごとにスクラッチチャレンジカード(Cカード)を進呈し、『アタリ』が出るとお楽しみ抽選会に参加することができる。スクラッチチャレンジカード(Cカード)3枚で品川インターシティ地下パーキング1時間分サービス券を進呈する(1台につき1枚)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする