福岡5歳児餓死事件“ママ友”裁判被告に懲役15年「金銭欲や悪意による犯行に酌量の余地は全くない」

福岡県で5歳の男の子を餓死させたとして母親とともに起訴された「ママ友」の裁判。福岡地裁はママ友の“支配”を認め、母親より重い、懲役15年の判決を言い渡しました。
福岡5歳児餓死事件“ママ友”裁判被告に懲役15年「金銭欲や…の画像はこちら >>
裁判長「主文。被告人を懲役15年に処する」白髪交じりの髪を束ね、上下紺色の服を着て入廷した赤堀恵美子被告(49)は、判決の言い渡しを淡々とした様子で聞いていました。
福岡県・篠栗町で2020年4月、極度の栄養失調に陥り餓死した碇翔士郎ちゃん(当時5歳)。
翔士郎ちゃんを餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われたのは、母親の碇利恵被告(40)と、幼稚園のママ友として知り合った赤堀被告でした。
衰弱する翔士郎ちゃんを、母親はなぜ助けなかったのか…最大の争点は、赤堀被告による実質的な“支配”です。
今年6月の裁判で懲役5年の判決を受けた碇被告は、この裁判で検察側の証人として出廷し、当時の心理状態をこう述べました。碇被告「赤堀から毎日頭ごなしに怒られ、罵声を浴び、一日中正座で謝り、精神的に病んでいましたが、相談するところもなく、自分の中でどうしようもありませんでした」
碇被告は夫の浮気など架空のトラブルをでっち上げる赤堀被告に裁判費用として多額の生活費を渡すほか、家族の食事量を制限して質素な生活を送るよう指示されたと証言。
検察側は、「赤堀被告がいなければ事件は起きなかった」として懲役15年を求刑。

これに対して赤堀被告は…赤堀被告「こういう結果になったのは全て母親の責任だと思います」無罪を主張しました。
そして迎えた21日の判決。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
裁判長「赤堀被告と碇被告とのSNSのやりとりや、事件後の2人の会話の録音。収入に反する碇被告の生活困窮状況などの客観的な証拠によって裏付けられている」福岡地裁は碇被告の証言が「信用できる」と結論付けた上で、「様々な虚言を重ねて碇被告を周囲から孤立させ、強い心理的影響下に置いた」として、赤堀被告による“支配”を認定しました。
裁判長「翔士郎ちゃんの保護が必要なことを認識しながら、その後も、碇被告の収入を根こそぎ騙し取り、食料の確保を困難にさせたもので、金銭欲や悪意による犯行に酌量の余地は全くない」
その上で、不合理な弁解や責任転嫁を繰り返し、自らの責任に全く向き合っていないとして、赤堀被告に懲役15年の判決を言い渡しました。
今回の事件で特別捜査本部長を務めた尾上芳信氏は、碇被告の取り調べの様子について明かしました。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
元福岡県警刑事部長 尾上芳信氏「碇被告は任意の捜査段階では、当初“赤堀被告から自分が騙されてるというのは信じがたい”と」「しかし、一つ一つ丁寧に説明することによって、碇被告は“自分が騙されていた”ということに気づいて、それ以後は捜査に協力するようになった」
赤堀被告の量刑について尾上氏は「反省の色が全くないうえ、今回の事件で主導的立場だったと裁判所は認定」「懲役15年の判決は妥当だった」と話しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする