【速報】元KAT-TUN田中聖被告 「間違いありません」 初公判で覚醒剤使用認める

柏市内で覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われた人気アイドルグループ「KAT‐TUN」の元メンバー、田中聖被告(36)=同市大井=の初公判が22日、地裁松戸支部(本間敏広裁判官)であり「間違いありません」と起訴内容を認めた。
被告は県警に逮捕される前の6月20日に、名古屋地裁で別の覚醒剤取締法違反(使用、所持)などの罪で懲役1年8月、執行猶予3年の判決を受けた(7月4日付で控訴)。
検察側は冒頭陳述などで、被告が名古屋地裁判決の2日後から覚醒剤を使用していたと指摘。覚醒剤は約1年前から1カ月に5、6回使い、大麻も5年ほど前から使用していたことを明らかにした。
起訴状によると、6月28日ごろ、同市内の自宅で覚醒剤少量を加熱し、気化させて吸引、翌29日に同市内で覚醒剤約0・062グラムを所持したとされる。
県警は6月29日、覚醒剤を所持していた疑いで被告を現行犯逮捕。その後の尿鑑定で覚醒剤の陽性反応があり、覚醒剤使用容疑で7月20日に再逮捕した。
被告は今月2日、保釈保証金600万円を納付し、勾留先の柏署から保釈されていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする