オクトーバーフェストはビッグボーイで楽しもう! インパクト大な「直火焼き 骨付きポーク&国産ソーセージ」にドイツ人もビックリ?

ビールの祭典「オクトーバーフェスト」が各地で始まった。本場ミュンヘンでは、コロナ禍を経て3年ぶりの開催となったという。う~ん、本当にめでたい!

ちなみに、日本では東京や横浜、仙台などで開催中。きっと台風が過ぎ去った後は素晴らしい盛り上がりを見せるのだろう。あー、行きたい。ソーセージと一緒に思いっきりビールジョッキを傾けたい。心からそう思うけど、自宅からのアクセスが悪いんだよなぁ。

……と、歯がゆい思いをしている皆さんに朗報。なんと、あの人気ファミレスチェーン「ビッグボーイ」で、オクトーバーフェストさながらの期間限定メニューが登場したのだ。ビールと一緒に注文すれば、気分は間違いなくオクトーバーフェスト。さっそく、その詳細についてお知らせしよう。
○「秋のご馳走グリルフェア」に燃え上がるオクトーバー魂

「ビッグボーイ」はハンバーグやステーキなどのグリルメニューが充実したファミレスチェーン。発祥こそアメリカだが、得意のグリルメニューで培ったノウハウを活かすことで、ジャーマン風のソーセージメニューなども激ウマに仕上げることができるのだろう。

ビッグボーイが現在、期間限定で実施しているのが「秋のご馳走グリルフェア」で、その中で特に注目すべきがこの「直火焼き 骨付きポーク&国産ソーセージ」である。

くぁ~! こうしてメニューを眺めているだけで、心の中にくすぶっていたオクトーバーフェスト熱が燃え上がってくるではないか。「直火焼き 骨付きポーク&国産ソーセージ」はその名の通り骨付きのポークと巨大ソーセージの盛り合わせだが、そこにチキンをプラスした「直火焼き 骨付きポーク&チキンのワイルドグリル」や、ビーフステーキを追加した「直火焼き 骨付きポーク&カットステーキのワイルドグリル」なども用意されているようだ。

「秋のご馳走グリルフェア」なので、王道のリブロースステーキも用意されている。

おっと、ソーセージは単品でもオーダーできるようだ。

グリルメニューに合いそうなアルコールメニューまでちゃっかり記載されている。どれもお手頃価格で嬉しいな! この日はフェアのことなどつゆ知らず、うっかり車で来てしまったのでアルコールは口にできないが、「ビッグボーイ飲み」は優勝できる予感がするぜ……。

○ボリューム満点!「直火焼き 骨付きポーク&国産ソーセージ」を実食

「お待たせしました! 鉄板が大変熱くなっていますので、お召し上がりの際はご注意ください」という店員さんの優しい言葉とともに運ばれてきたのが、コレ。

写真だと伝わりにくいかもしれないけど、 骨付きポークも国産ソーセージもめちゃくちゃデカい!

骨付きポークは大人の男の拳級。サイズ感もちゃんとジャーマン流かよ!

ソーセージのほうも、フォークが小さく見えてしまうほどの大きさだ。やっべーそ、これ!

では温かいうちに、さっそくいただきます! まずはポークから……。

まず肉を切って……うわっ、めちゃくちゃ分厚いな!

これをバーベキューソースにつけて……バクッ。

おおお~!! 美味い! 肉は想像以上に柔らかくて、めちゃくちゃ味わい深い! 下味もついているのかな? 噛めば噛むほど旨みが溢れ出てくるし、噛んでも噛んでも美味しさが消えないのである。肉が分厚いからというのもあるのだろう。大きな肉塊を惜しげもなく口に放り込んでバクッと食べる!この豪快なジャーマンスタイル、最高じゃー!

こちらはマスタードにつけて、いただきます!

うーわっ、うまっ!! パリッとした厚めの皮の中から、肉汁が弾けるように溢れ出してくる! めっちゃくちゃジューシー! 口の中では旨みの大洪水が発生しています。でも、助けはいりません。このままソーセージの美味さを独占させてください……!

ただジューシーなだけでなく、肉肉しさもすごい。肉は粗挽きで、歯ごたえや弾力があって食べごたえ抜群。本格的すぎるというか、もはやドイツのソーセージを超えてるでしょ、これ。あー、めちゃくちゃビール飲みたい。絶対にビールに合う。ってゆーか、もう近くのオクトーバーフェスト会場に行く必要ないかも。むしろ、ビッグボーイならドイツに来た気分になれるぜ。

しかもザワークラウトまでしっかり付け合わせに用意されているあたり、本当にありがたい。一応補足すると、ザワークラウトはキャベツの千切りを乳酸菌発酵させたドイツ発祥の漬物。向こうでは何かとザワークラウトが付け合せで出てくるが、キリッとした酸味が効いていて、いい箸休めになるのだ。

世界中でオクトーバーフェストが盛り上がっている今、ぜひビッグボーイの直火焼きの骨付きポーク&国産ソーセージを冷えたビールで胃袋に流し込み、気持ちだけでもフェス気分を味わってほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする