コロナ給付金詐欺、弁護士が起訴内容認める 広島地裁で初公判

国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金などを不正受給したとして、詐欺罪に問われた広島県東広島市西条… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする