「手話と声」一つの役に共存 鑑賞の壁取り払う「手話裁判劇」 10月5日~10日、神戸で上演

耳の不自由な人も一緒に演劇を楽しむには、どうすればいいだろうか。手話通訳を求める声は多いが、追いつい… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする