強盗致傷と窃盗 容疑の男再逮捕 那覇署

那覇署は21日、那覇市牧志の商店街で面識のない男性(63)を殴り現金約3万円を奪ったなどとして、住所不定無職の男(19)を強盗致傷と窃盗の両容疑で再逮捕した。調べに対して容疑を認めているという。
強盗致傷の逮捕容疑は5月8日午後11時42分から同47分ごろの間、面識のない南城市の男性に殴るなどの暴行を加え、現金3万円を奪った疑い。男性は頭に全治約2週間の傷を負った。窃盗容疑は5月17日午前4時37分ごろ、本島南部の男子高校生(17)と共謀して面識のない無職の女性(63)の手提げかばんや現金500円を奪った疑い。
同署は強盗致傷事件に男子高校生も共謀したとみて任意で調べを進めている。
同署は7月、那覇市牧志の通称「パラソル通り」で別の男性(57)を殴り携帯電話を奪ったとして、強盗致傷で容疑者を逮捕している。
強盗致傷と窃盗 容疑の男再逮捕 那覇署の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする