朝と日中の気温差20℃以上も 最高気温25℃未満は東京2日連続 名古屋はこの秋初

朝と日中の気温差20℃以上も 最高気温25℃未満は東京2日連…の画像はこちら >>
22日木曜の最高気温は、21日水曜と同じか、高い所が多くなりました。札幌は3日ぶりに20℃を超え、北海道は朝と日中の気温差が大きく、所々で20℃以上になりました。東京都心は2日連続して25℃に届かず、名古屋市・静岡市・甲府市は、この秋初めて25℃に届きませんでした。
北海道 朝と日中の気温差 20℃以上も
22日木曜の朝は、北海道では、放射冷却が強まったため、内陸部を中心に、気温がグンと下がりました。最低気温が全国で最も下がったのは、北海道下川町の0.1℃で、今季全国で最も低くなりました。(富士山を除く。)日中は、北海道では、日差し降り注いで気温がグングン上がりました。15時までの最高気温は、札幌市では21.8℃、旭川市は22.0℃と、共に3日ぶりに20℃を超えました。また、北海道の内陸部では、朝と日中との気温差が大きくなりました。遠軽町生田原では、最低気温が0.6℃、15時までの最高気温が21.9℃と、その差が21.3℃になりました。また、下川町や滝上町などでも、最低気温と15時までの最高気温の「差」が、20℃以上になりました。一方、本州付近は曇りや雨で、関東甲信や東海では、昼間も涼しくなりました。15時までの最高気温は、東京都心では24.9℃と、2日連続して25℃に届きませんでした。名古屋市・静岡市・甲府市では、この秋初めて、25℃未満となりました。近畿から西では、気温は25℃以上の所が多く、福岡県朝倉市は30.4℃、福岡県太宰府市は30.1℃と、真夏日になりました。

23日金曜:秋分の日 服装選びに注意

23日金曜:秋分の日は、三連休の初日ですが、朝は、この時期にしては気温の高い所が多いでしょう。最低気温は、北海道では10℃以上で、札幌市は9月上旬並みの17℃の予想です。東北や関東甲信、北陸は20℃前後でしょう。東海から九州は、22℃くらいの所が多い予想です。沖縄は25℃以上で、熱帯夜の所もあるでしょう。そして、日中は、天気によって、気温が大きく変わりそうです。晴れる沖縄や九州南部、四国では、30℃前後まで気温が上がるでしょう。九州北部や中国地方、近畿、東海、北陸は、曇りや雨ですが、気温は25℃前後の所が多く、広島市など30℃近い所もありそうです。気温だけでなく、湿度も高いので、蒸し暑く感じられるでしょう。関東や東北は断続的に雨で、北海道は昼頃から次第に雨が降るので、気温はあまり上がりません。最高気温は、関東甲信や東北は23℃くらい、北海道は18℃前後の予想です。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今年の秋の彼岸は、まだ暑さが残る所もありそうです。服装選びに、ご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする