3連休の天気 台風15号発生へ 東日本・西日本の太平洋側へ影響 晴れる所は?

3連休の天気 台風15号発生へ 東日本・西日本の太平洋側へ影…の画像はこちら >>
今後発生する台風の影響で、あす23日とあさって24日は雨の降る所が多いでしょう。大雨となるおそれもあり、注意・警戒が必要です。一方、日曜日25日は広い範囲で晴天が期待できそうです。
台風15号発生へ 東日本・西日本の太平洋側に影響

日本の南海上にある熱帯低気圧は、あす(23日・秋分の日)までに台風へ発達する予想で、あすの夜から日曜日(25日)にかけて、西日本と東日本の太平洋側にかなり近づくおそれがあります。熱帯低気圧から変わる台風と、暖かく湿った空気が本州付近に流れ込むため、接近前から雨が降り、太平洋側の地域では大雨となる所がありそうです。特に、近畿や東海、関東で降水量が多くなるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。
3連休 晴れる所は?
あす(23日・秋分の日)は、台風の影響、また、離れた地域でも湿った空気の影響で、雨の降る所が多いでしょう。近畿や東海では断続的に雨が降り、カミナリを伴って激しい雨や非常に激しい雨の降る所がありそうです。また、九州や中国・四国、関東も、南からの暖かく湿った空気の影響を受けるため、各地で雨が降りそうです。東北や北海道も前線が近づくため、日本海側を中心に雨が降るでしょう。沖縄は大体晴れる見込みです。あさって土曜日(24日)は、西日本を中心に天気が回復します。東海や関東では台風の影響を受け、雨が降るでしょう。雨脚が強まることもありそうです。東北や北陸も湿った空気の影響で雨となりそうです。九州から近畿は日差しが戻り、北海道も次第に天気が回復する見込みです。沖縄も晴れるでしょう。

日曜日(25日)は、さらに晴れる範囲が広がるでしょう。沖縄、九州から北海道にかけて晴れる所が多い見込みです。ただ、関東は、台風から変わる温帯低気圧や、天気図には描かれない前線の影響を受けるため、雨が降るでしょう。特に、関東南部では雨雲のかかる時間が長くなりそうです。最高気温は、あすは東日本と北日本では平年並みか低く、空気のヒンヤリする所が多いですが、西日本や沖縄では30度以上の真夏日となる所もありそうです。あさって土曜日は、北日本では平年より大幅に高くなり、東日本も蒸し暑さが戻るでしょう。西日本と沖縄は真夏日の所がありそうです。日曜日は、沖縄や西日本は、暑さが続くでしょう。北日本、東日本は25度くらいの所が多い見込みです。
関東 3連休の天気
3連休の関東は、あす(23日・秋分の日)から日曜日(25日)にかけて、熱帯低気圧から変わる台風や、暖かく湿った空気の影響で、断続的に雨が降るでしょう。台風の進路によっては、土曜日から日曜日にかけて警報級の大雨となる可能性があります。日曜日は、北部ではやみ間がありますが、天気図に描かれない前線の影響で、南部では雨雲のかかる時間が長いでしょう。最高気温は、あすは25度前後の所が多いですが、土曜日は暖かい空気が流れ込むため28度前後まで上がる予想です。ただ、日曜日は22度くらいの所が多く、日ごとの気温差が大きくなりそうです。調整しやすい服装を選ぶなど、体調管理にお気をつけてお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする