NZ産だけじゃない 三重県産のゼスプリゴールドキウイ全国に出荷「日本だけでなく輸出も…」

三重県玉城町にある本州で最大クラスのキウイフルーツ農園で、22日、初めての収穫を祝う記念式典が開かれました。NZ産だけじゃない 三重県産のゼスプリゴールドキウイ全国に出…の画像はこちら >>

玉城町にあるこの農園は、農家の高齢化で使われなくなった農地を活用して、2年前に作られたもので、8ヘクタールの敷地に、8000本のキウイフルーツの木が植えられています。
式典には、運営する農業法人や協力企業、それに農地を提供した農家の他、三重・一見勝之知事も参加。たわわに実ったキウイの実を切り取って、初の収穫を祝いました。
三重県に誕生した本州最大クラスのキウイ農園に、一見知事からはこんな期待の声も。(三重・一見勝之知事)「これから三重県のキウイフルーツは、日本だけではなくできれば輸出もできて、多くの人においしいと思ってもらえるようになっていくといい」
CBC
CBC
本格的なキウイの収穫は10月10日から始まり、100トンあまりが、一旦、貯蔵庫で熟成処理された後、「三重県産ゼスプリゴールドキウイ」として全国に出荷されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする