“新潟市長選挙”まで残り1カ月 野党系候補がようやく名乗り挙げる「おもしろい選挙戦に」

任期満了に伴う新潟市長選の投開票日まで9月23日で1カ月です。現職が再選へ向け立候補を表明するなか、野党系候補が名乗りを挙げ、選挙戦となる見込みです。

【新潟市 中原八一 市長】
「再選を目指して、この度の市長選挙に挑んでいきたい」

任期満了に伴う新潟市長選挙に備え9月、事務所開きを行った現職の中原八一さん。ウイルス禍からの経済の立て直しなど再選へ決意を述べました。

【新潟市 中原八一 市長】
「新型コロナウイルスの影響の状況をしっかり踏まえながら、新潟市内の事業者の皆さん、市民の皆さんの一日も早い平穏な日常を回復するために取り組んでいきたい」

“市民目線の選挙”を掲げる中原さんは前回に続き、今回の市長選も政党に推薦を求めない考えですが、自民党の市議や県議などを中心に支援組織を結成。その中には…

【現職を支援 吉田孝志 市議】
「中原市長がやってきたこの路線をしっかりと支えて、さらに次のステージに移る」

前回の市長選で対抗馬として立候補した吉田孝志市議や飯野晋県議の姿も。足場を固める現職に野党側は…

【鈴木映 氏】
「この度、来月の新潟市長選挙に立候補することを決意した鈴木映と申します」

9月22日、立候補を正式に表明したのは、共産党や県内の市民団体が擁立する鈴木映さん(34)です。

東京都出身の鈴木さんは大学を卒業後、民間企業を経て共産党に入党。2019年の新潟市議選に中央区から出馬し、落選しています。

【出馬を表明 鈴木映 氏】

「自治体本来の役割である暮らし・福祉を向上させる。そのために全力で頑張っていき、誰一人取り残さない新潟市政を実現していきたい」

鈴木さんは子育て支援などに財源を活用すべきだとして、生活者目線の市政を訴える考えです。

ようやく名乗りを上げた野党系候補。その裏では…

【立憲民主党県連 大渕健 代表執務代理】
「対応が急がれるというのは十分承知のうえでありますけども、様々に党の対応を検討していく」

前回市長選で若手の小柳聡市議を擁立し、現職に約8000票差に迫った野党第一党の立憲民主党。

しかし、8月28日、参院選後初となる立憲民主党県連の常任幹事会でも候補擁立の報告はなく、対抗馬不在の9月市議会では…

【民主にいがた 小柳聡 市議(9月市議会)】
「どのような政策を市民に示そうとしているのか」

【新潟市 中原八一 市長(9月市議会)】
「今月下旬に公表させていただきたい」

出馬を表明しながらも、選挙公約を公表しない現職との間で具体的な論戦とはならず、一般質問が終了してしまいます。その後の取材では…

【民主にいがた 加藤大弥 代表】
「手を挙げていただける人に巡り会えなかった。じくじたる思いはあるけれども、こればっかりは候補者ができないことには始まらない、申し訳ない。ちょっと厳しい状況」

新潟市を地盤とする新潟1区選出で立憲民主党の代表代行でもある西村智奈美衆院議員を中心に複数の人物に接触したということですが、人材発掘が進まず、候補擁立は難しい情勢です。これには共に野党共闘を進めてきた社民党も…

【社民党県連合 渡辺英明 幹事長】
「我々としては結構そこ(立民主憲)に頼ってきた部分があるものだから、他人頼みで恥ずかしいんだけど」

各党が擁立できずにいるなか、ようやく現れた野党系候補。22日、共産党市議が野党系会派に鈴木さんの立候補について報告。他党の反応は…

【新市民クラブ 青木学 代表】
「きょうの場には民主さんがいなかったが、これまでの野党共闘というようなところを軸に検討していただければ」

共産党幹部は参院選で当初足並みの乱れが指摘された野党共闘にも共産党は自信をのぞかせます。

【共産党県委員会 樋渡士自夫 委員長】
「共闘ではかなり信頼関係が築けてきた。協力は得られると思っている。私たちの頑張り次第で、おもしろい選挙戦にできるんじゃないか」

鈴木さんを無所属で出馬させ、野党各党に共闘を呼びかる方針です。一方で与党系の会派や市長を支援する市議からは…

【翔政会 皆川英二 クラブ長】
「選挙だけのための選挙というのは、私はそれもちょっとおかしいと思っていたので、今回はそういう選挙にならないように、皆さんから意見をいただきながらやっていこうと思う」

【公明党県本部 小山進 幹事長】
「これで本格的な市長選に向けての土俵が整った。いいことだと思う」

人口減少やウイルス禍からの経済立て直しなど課題山積のなか、十分な論戦が展開されるのか…

新潟市長選は10月9日に告示、23日に投開票です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする