東海地方3連休天気は?熱帯低気圧が今後台風に 最接近は24日(土)未明から昼過ぎか 気象予報士解説(22日午後7時)

3連休にまた台風です。南の海上にある熱帯低気圧が、23日にも台風になって、東海地方に接近する見込みです。では、気象予報士の桜沢信司気象予報士です。現在は熱帯低気圧なんですが、23日の午前3時には台風が発生する可能性があります。東海地方3連休天気は?熱帯低気圧が今後台風に 最接近は24日…の画像はこちら >>
北上して、少しずつ東よりに進路を変えて、東海地方に最も近づくのは24日(土)の未明から昼過ぎとみています。
ただ今回の台風の特徴なんですが、台風が接近する前から大雨になります。また、暴風域はともなわない予想です。雨と風の動きを見てみましょう。22日(木)遅く、23日(金)の午前中から、三重県南部方面に、滝のような非常に激しい雨が降る可能性があります。

23日(金)の午後からが雨の本番と思ってください。そして24日(土)にかけて、大雨になりそうです。

3連休の天気は、23日(金)から24日(土)にかけては、東海地方、広い範囲で大雨になりそうです。

24日(土)の午後になると晴れ間の広がってくるところも出てきそう。
CBC
そして25日(日)は晴れ間が期待されるんですが、ちょっと雲の多い天気、にわか雨の降るところもありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする