強制不妊で賠償請求棄却、大阪 除斥期間が経過、旧法は「違憲」

旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反として、聴覚障害のある大阪府の7… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする