台湾が誇るブランド、「グランドカステラ」が大丸東京店のど真ん中で1年ぶりに登場!

台湾の淡水に本店を置き、世界8ヵ国に進出している台湾カステラの元祖、「GRAND CASTELLA-グランドカステラ」が1年ぶりに大丸東京店のMVPスイーツに登場。多数の商品を揃え、パワーアップした姿で9月21日から27日まで出店する。

「バナナカステラ」は、本物のバナナを生地全体にたっぷり盛り込み、表面はアーモンドプラリネと、細かく刻んだバナナチップスがアクセントになっている。さらに生地の真ん中には、本物のバナナをペースト状にしたソース入り。21日から24日までの4日間のみ登場する。

「パイナップルマドレーヌ」は、発酵バターが贅沢に香る厚みのあるしっとりしたマドレーヌ生地に、甘酸っぱいパイナップルの餡が織りなすハーモニーが特徴。保存料と添加物は使わず、一個一個丁寧に焼き上げて洗練されたデザインのパッケージに敷き詰められている。(数量限定)

「スフレチーズケーキ」は、なめらかな生地にバターとクリームチーズの風味が優しく加わり、「ふわふわ」と「とろとろ」の二つの食感が一緒になった、台湾カステラを超える柔らかさ。海外メディアでは「天使の羽」に例えられ、世界で多くのファンを集めたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする