玉川徹氏、27日の国葬は「国葬的なものをやったという既成事実を作るだけの意味しかないんじゃないかな」

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は21日、安倍晋三元首相の国葬が27日に日本武道館で行われることを伝えた。
スタジオでは国葬についてANNの世論調査で「反対」が54パーセント、「賛成」が30パーセント。さらに岸田文雄首相の説明について「納得しない」が62パーセント、「納得する」が21パーセントだったことを紹介した。
コメンテーターで同局の玉川徹氏は国葬に関して「国民に弔意をお願いできないわけですよね?たぶんお願いしたかったと思うんだけど、できないんです。それができない時点で国葬の体はなしてない、と」と指摘した。
さらに「そもそも政府は国葬と言わないですから。国葬儀だって言ってるんですから」とし「僕は今回の国葬儀に関して言えば、国葬的なものをやったという既成事実を作るだけの意味しかないんじゃないかな。それが僕の理解です」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする