関電側を任意聴取=金品受領問題で再捜査―大阪地検

関西電力元幹部らによる金品受領と役員報酬補填(ほてん)問題で、会社法違反(特別背任)容疑などで不起訴…[記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする