30代で貯蓄4,500万円! サイドFIREを達成した元工場作業員『節約マスクかおる』さんの節約術

インフレや物価高が深刻になりつつある昨今、そんな中でも給料は上がらず、税金や保険料はどんどん増加しています。生活が大変な中、何とか頑張ってお金を残したい方、FIREを成し遂げたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『30代で4500万円貯めた僕の世界一たのしいお金の増やし方57 凡人でもサイドFIREできる節約・投資・副業術』の著者、節約マスクかおるさんに節約のコツをインタビュー。生活に無理なく、効果の大きい節約を実践するコツについてお聞きしました。

○節約マスクかおるさん

Fラン大学を卒業後、飲食店に就職するも2カ月で退職。従業員10名ほどの社会保険のないネットショップ→モラハラが当たり前に存在するブラック工場、と残念な職歴を重ねながら、自由を手に入れるためにお金を貯めることを決意。節約・副業・投資を組み合わせて、30代で4500万円を貯めてサイドFIRE。金融資産を増やすアイディアや体験談をYouTubeチャンネル「節約マスクのお金の話」で発信中

○■30代でサイドFIREを達成

――本日はよろしくお願いいたします! 会社に縛られず、ゆるく働いて自由な時間を楽しめる「サイドFIRE」を30代で実現されたとのこと、いまはどのような毎日を送っていらっしゃいますか?

午前中はいまの収入源の一つ、YouTube配信の動画の内容を考えたり、編集したりしていることが多いです。午後は大体自由にやりたいことをやっているので、1日の作業時間は長くて4時間ぐらいですね。

といっても実際のところ、やる気が出ない日は丸一日自由に過ごすこともあります。波に乗っている日は午後も仕事をすることもあるような感じで、あまり曜日をしっかり決めて生活している感じではないです。会社員の頃より、かなり自由な生活ですね。

――サイドFIREを達成して一番良かったなと感じることは何ですか?

私の場合、本当に会社で働くのがすごく嫌だったんですよね(笑)。どうしてもこれがやりたいというより、とりあえず会社を辞めたいっていう気持ちが一番強かったです。

ですので、いま会社に行かずに散歩できるっていうだけでも、もう幸せなのかもしれません。完全FIREを達成するためには資産をつくるのに時間がかかる、でも会社で働き続けるのはつらい、そんな方にとってサイドFIREは良い選択肢だと思いますし、自分にとっても最も適した形だと感じています。

○■固定費削減やふるさと納税など、効果の高い節約術から実践を

――節約と投資、副業でサイドFIREを実現されたとのこと。中でも節約は初心者でも始めやすいと思うのですが、かおるさんはサイドFIREを目指すようになってから、節約を始められたのでしょうか?

節約に関しては、子どもの頃から”お金を使わない癖”がついていました。母親からお金の使い方について注意されて以来、お金を貯めることが自然になったというか。ですので、サイドFIREと関係なく、もともと節約志向ではあったと思います。

――著書の中では25個の節約術を紹介されていますが、初心者がまず手をつけるとしたら、何がオススメですか?

王道ですが、やはり金額的に威力が大きい固定費の節約から優先的に始めると良いと思います。家賃が低いところに引っ越すとか、車を所有しないでレンタカーやカーシェアリングで済ませるとか。

あとはスマホ料金の見直しですね。格安SIMが出始めた頃に、僕は他の人より割と早く格安SIMに切り替えました。最初に選んだのはIIJmioで、当時はそれほど選択肢が多くなかったのですが、いまは本当に数え切れないぐらいの会社や料金プランがあるのでいいですね。

ふるさと納税も年収や返礼品にもよりますが、年間数万円程度の節約にはなる場合が多いので、取り組むといいのではないでしょうか。金額的に節約効果が大きい制度・サービスはしっかり学ぶことをオススメします。

――いまポイ活に取り組んでいる方も多いと思うのですが、キャッシュレス決済やポイントの選択肢が多く、使いこなすのが難しいと感じます。上手な使いこなし方についても教えていただけますか?

初心者であれば、自分にとって一番お得になりそうな支払方法だけはチェックしておくといいと思います。たとえばマクドナルドで商品を購入する場合、三井住友カード ナンバーレスであれば、タッチ決済で5%のポイントが還元されます。お得な制度なのですが、実はマクドナルドによく行く人でもカードを使っていない人ってけっこう多いと思うんですよね。

自分がよく行くお店で、どのキャッシュレス決済を使えばお得になるのかを調べ、必要であればクレジットカードなりスマホ決済なりを導入していくという方法が一番いいのではないでしょうか。
○■ゲーム感覚で節約するのが長続きのコツ

――途中で挫折しがちな節約を、無理なく続けていくコツはありますか?

一番大切なのは、節約を楽しめるようになることだと思います。たとえば、いまコロナの関係もあって、旅行の予約サイトで用意されているクーポンやポイント還元制度、自治体の割引制度をうまく活用すれば、実質的に無料で宿泊できるケースもけっこうあるんです。

そういったお得な制度を一つ一つ調べるのを面倒だと思わずに、ゲームを攻略するような感じで楽しめるようになればいいのではないでしょうか。ゲームが好きな人はけっこう、節約もハマるんじゃないかなって思いますね。

次回は、節約マスクかおるさんの投資・副業テクニックについて伺います。


『30代で4500万円貯めた僕の世界一たのしいお金の増やし方57 凡人でもサイドFIREできる節約・投資・副業術』(節約マスクかおる 著/荒堀辰幸 監修/KADOKAWA 刊)

会社に縛られず、ゆるく働いて自由な時間を楽しめる「サイドFIRE」することを目標に、30代までに4500万円の資産をつくった著者によるお金の増やし方! 経済的に自立して早期退職する「FIRE」に、「サイド」がついた「サイドFIRE」というのは、いわゆるセミリタイアのこと。完全に仕事をしないわけではないけど、ゆるく働いて得る労働収入と資産運用で得る収入で、自由な時間を楽しむ生活をしたい人のための必読書!

安藤真一郎 あんどうしんいちろう マーケティング会社に勤務した後、フリーランスのライターに転身。 多種多様なジャンルの記事を執筆するなかで、金融リテラシーを高めることや情報発信の重要性に気づき、現在はマネー系ジャンルを中心に執筆している。 ライターとして、知識のない人でも理解しやすいよう、かみくだいた文章にすることが信条。 ファイナンシャルプランニング技能士2級、日商簿記検定2級取得。 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする