打ち切りの行橋彫刻展が異例の展開…ウクライナ作家の大賞で思わぬ注目

本年度限りで事業を打ち切る福岡県行橋市の国際公募彫刻展「ゆくはしビエンナーレ」が、皮肉にも今になって… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする