「精神障害の影響は大きいとは言えない」検察が指摘 3年前に路上で男性ら2人が刺殺された事件の裁判で 名古屋

名古屋市北区で3年前、近所の住民の男性ら2人を殺害した罪に問われている男の裁判で、検察側は「精神障害が犯行に与えた影響は大きいとは言えない」と指摘しました。
「精神障害の影響は大きいとは言えない」検察が指摘 3年前に路…の画像はこちら >>
CBC
CBC
起訴状によりますと北区の無職、佐藤俊彦被告(41)は2019年6月、自宅近くの路上で近くに住む会社員の赤松英司さん(当時41)と赤松さんの同僚の小笠原智之さん(当時44)の胸や背中をサバイバルナイフで複数回突き刺して殺害した、殺人などの罪に問われています。
CBC
これまでの裁判で、弁護側は佐藤被告には精神疾患があり、責任能力がないか限定的だとして無罪か刑を軽くするべきと主張していました。
CBC
21日、名古屋地方裁判所で開かれた裁判で検察側は「精神障害の程度は重篤なものではなく、犯行に与えた影響は大きいとは言えない」などと述べました。
CBC
判決は10月4日に言い渡される予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする