「自分の畑で使うため」 牛糞300キロを盗んだ疑い 58歳の男を逮捕 三重・桑名市

9月11日、三重県桑名市の畑から牛糞約300キロを盗んだとして、58歳の男が逮捕されました。男はこれまで2トンに及ぶ牛糞を盗んだとみられています。
「自分の畑で使うため」 牛糞300キロを盗んだ疑い 58歳の…の画像はこちら >>
逮捕されたのは桑名市東方の作業員、長瀬孝憲容疑者(58)です。警察によりますと長瀬容疑者は、ことし9月11日、市内の畑に積んであった、たい肥に使われる牛糞約300キロ(時価1000円相当)を盗んだ窃盗の疑いが持たれています。8月に畑を所有する男性から「度々、牛糞が盗まれている」などと警察に相談があり、警察と男性が防犯カメラを設置して警戒に当たっていたところ、不審な軽トラックが畑に侵入する様子や、荷台いっぱいに牛糞を積んで去っていく様子が映っていたということです。
CBC
長瀬容疑者は警察の調べに「自分の畑で使うために盗んだ」と容疑を認めているということです。警察は長瀬容疑者が、これまで盗んだ牛糞は2トンに及ぶとみて余罪を追及しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする