3連休の天気 23日秋分の日から再び大雨の恐れ 熱帯低気圧の動向に注意

3連休の天気 23日秋分の日から再び大雨の恐れ 熱帯低気圧の…の画像はこちら >>
日本の南の海上に新たな「熱帯低気圧」が発生していて、次の3連休も再び影響を受けそうです。23日秋分の日から24日は、広い範囲で雨が降り、局地的に大雨の恐れもあります。お出かけを予定されている方は、今後の情報にご注意ください。
23日(金)秋分の日~24日(土) 広く雨で大雨の所も

九州など台風14号の爪痕が残っていますが、新たな「熱帯低気圧」が日本の南の海上を北上中です。早くも次の3連休、影響を受ける所が多くなりそうです。「熱帯低気圧」は23日(金)秋分の日から24日(土)にかけて、本州付近に近づき、熱帯の暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。このタイミングで、上空には寒気が入るため、広い範囲で大気の状態が不安定になるでしょう。全国的に雨が降り、紀伊半島を中心に局地的に大雨や雷雨になる恐れがあります。25日(日)は、晴れ間の出る所が多いですが、関東周辺ではすっきりしない天気が続く見込みです。
服装は?
3連休中は、服装にも注意が必要です。23日(金)秋分の日から24日(土)は、南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、湿度が高めで、日中は再び蒸し暑い所が多くなるでしょう。半袖で過ごせる所が多くなりそうです。25日(日)は、また秋らしい空気が入り、朝晩はヒンヤリする所が多いでしょう。お出かけの際は、上着で調節するとよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする