100台以上のレトロ自販機に、昭和のアイドルになれちゃうスタジオまで!意外な所で昭和ブーム!

空前の大ブームになっている「昭和レトロ」 レトロ自販機に、ダサかわいいファッション 若者がハマる昭和レトロの世界とは?
100台以上のレトロ自販機に、昭和のアイドルになれちゃうスタ…の画像はこちら >>
一歩足を踏み入れれば、レトロな駄菓子屋さんやダイヤル式の電話ボックス。どこか懐かしさを感じる空間で写真を撮る若者たち。東京・台場のデックス東京ビーチ。昭和の街並みが再現された「台場一丁目商店街」です。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
20代「友達がここのレトロな写真をめっちゃSNSにあげてて、これ絶対いかなきゃと思って。せっかく来たんで100枚くらい(写真)撮ろうかな」「今でいうと“映え”みたいな、“エモい”みたいな感じ。今にない感じだからすごい新鮮」「昭和レトロ」を体験できる“映えスポット”。SNSで話題となり、若い世代が殺到していたのです。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
なかでも皆さんが夢中になっていたのが、昔ながらのレトロゲーム!特に人気だったのが、バネをはじいて10円玉をゴールまで運ぶ「A級ライセンス」。20代「10円のゲームって(今)あんまりないんで、魅力感じちゃいますね」元々、中高年に懐かしんでもらうため2002年にオープンしたこの施設。当初、若い世代のお客さんは1割程度しかいなかったんだとか。台場一丁目商店街 自治会長 久保浩さん「若い世代が今は圧倒的に8割位を占める感じです。目にとまるものそれぞれが新鮮に見えるみたいで」空前の大ブームとなっている「昭和レトロ」。その人気は意外な所でも。

TBS NEWS DIG Powered by JNN
東京プリンスホテルでは、レトロな柄のガラス食器「アデリアレトロ」とコラボした宿泊プランが大人気(9月30日まで)。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
温かみを感じる空間に囲まれながら「アデリアレトロ」のグラスに入ったソーダや、昔ながらのプリンア・ラ・モードが楽しめます。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
さらに今年のクリスマス商戦に向け、「昭和のおもちゃ」を復活させた商品が注目されるなど、ますます盛り上がりを見せているのです。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
神奈川県相模原市の「中古タイヤ市場」にもなぜか人だかりが。お目当ては昭和時代に製造されたレトロな自動販売機。大阪から来た2人組が買ったのは、箱もレトロでかわいいと人気の「ハンバーガー」(280円)。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
20代「ハンバーガーの字体とかめっちゃかわいい」30代「パンはちょっと湿気でふにゃふにゃなんですけど、それがまた懐かしい」
TBS NEWS DIG Powered by JNN
続いて20代の女性が選んだのは、こんがり焦げ目が付いた「ハムチーズトースト」(300円)。他にも定番の天ぷらそばや子供に人気のかき氷、さらに味噌汁まで。タイヤ交換の間に楽しんでもらおうと集めていたら、増えちゃったそうなんです。
コンビニが普及する前に活躍した昭和の自販機には、スゴイ技術も。カレーが盛り付けられた状態で出てくるレアな1台。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
中はどうなっているのかというと、レトルトパウチを自動で開封し70度で保温されたご飯の上にルーがかかる、当時としては画期的な技術。昭和37年に発売された「オリエンタルマースカレー」という、昔ながらの一皿です。40代「(子供達が)見たことないと思ったので連れてきたくて」10代「知らないものが多くて面白かった」昭和世代には懐かしく、平成世代には新しく感じられるレトロ自販機。

TBS NEWS DIG Powered by JNN
その数、100台以上を6年かけて設置したのが社長の斎藤辰洋さん。お気に入りの1台はシャープ製だという、うどんとそばの自販機です。中に入れる具材は自分で決めているんだそう。中古タイヤ市場 相模原店 斎藤辰洋さん「山菜そばが大好きで」
TBS NEWS DIG Powered by JNN
この自販機のすごい所は山菜がこぼれないように、繊細な動きで絶妙に優しい湯切りをしてくれるところ。温かいつゆがかかった、どこかほっとする山菜そばは1杯350円。中古タイヤ市場 相模原店 斎藤辰洋さん「今の自販機と違って、個性がすごい自販機ばっかりなんですね、昔の。色にしても、デザインにしても、そういう所が魅力なのかなと」
最近はレトロな服やグッズなど「昭和なコーディネート」にハマる若者も急増中!あるスタジオのユニークなサービスが話題になっています。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
80年代のファッションに身をまとい、撮影を体験できるプラン(マルベル80’s)が今、大人気。昭和のアイドルや歌謡スターを撮影し、プロマイドを販売してきた専門店「マルベル堂」6代目の武田仁カメラマンが担当。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
クリームソーダやラジカセなどの小道具に、80年代に流行った洋服など、懐かしのファッションで気分はもうタイムスリップ!
TBS NEWS DIG Powered by JNN
男性「ダッサいね~。ダサさがいいですね」女性「肩パッド感が強いのがかわいいなって」80年代のバルブ期に流行した肩パッド。今となってはちょっぴりダサいけどかわいい!と平成世代に受けているんだそう。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
30代「めっちゃ新鮮です。まず自分では選ばないので」カップルが変身したのは昭和を彩ったスター、“ジュリー”こと沢田研二さんと松田聖子さん。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
さらに、昭和の写真に今にはない魅力を感じる若者も・・・20代「今のキラキラ加工とかがあんまり好きじゃなくて、昔の80年代とか90年代って加工してないけど、その人らしさとかが写真に出て素敵だなって」意外な所で広がる「昭和レトロ」。懐かしいのに新しいこのブームはまだ続きそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする