原爆の日、学徒動員を休み生き残った。後ろめたさから「自分だけ幸せになっていいのか」と苦悶し続けた 学友300人を失った被爆者が、80歳を過ぎて体験を語り始めた理由

1945年8月6日、米軍が広島に原子爆弾を投下した。その年の末までに推計14万人が命を落とし、生き延… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする