「戦争知らずとも平和考えられる」生後8カ月で被爆した女性、被爆者救済に奔走した父の思い継ぎ講演

広島に原爆が投下されて6日で77年。被爆者の高齢化が進み、減少が続く。戦争を知らない世代が次世代に伝… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする