沖縄・読谷村で起きたサポート詐欺事件 40代女性が5万円被害 警察「絶対に電話しないで」【動画あり】

嘉手納署は5日、読谷村内でパソコン(PC)がウイルスに感染したと偽の警告で利用者の不安をあおり、電話で誘導して料金を請求する「サポート詐欺」が発生したと発表した。管内でサポート詐欺が発生したのは初めてで、被害額は少なくとも5万円以上とみられる。同署生活安全課の宮平龍一課長は「手口として不安をあおり、偽のセキュリティー警告画面を出すのが特徴。絶対に表示された番号に電話しないで」と呼びかけた。
事件は3日に発生。読谷村内の40代女性が自宅でネットを閲覧中、「セキュリティー警告」などと記された画面が現れた。表示された番号に電話したところ、片言で話す男がPC操作を誘導。PCが遠隔操作され、通信販売サイトで電子プリペイドカードなどを勝手に購入されたほか、SNSを不正に利用されるなどの被害に遭った。女性の家族が110番通報して発覚した。
署は5日、証拠品として押収したPC画面を公開。偽警告画面には「トロイ木馬、サポートセンターに連絡」などと記載され、自動音声が流れる仕組みだった。電話してしまった場合の対応について宮平課長は「お金は絶対に払ってはいけない。個人情報も伝えてはいけない。怪しいと思ったらすぐに110番通報してほしい」と述べた。
沖縄・読谷村で起きたサポート詐欺事件 40代女性が5万円被害…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする