99歳女性のお墓に巨大なペニスの像 亡くなる前の「最後の願い」を家族が実現

99歳女性のお墓に巨大なペニスの像 亡くなる前の「最後の願い…の画像はこちら >>
メキシコの99歳の女性が亡くなる前に残した最後の願いにより、お墓の上に巨大なペニスのモニュメントが建てられたという。『Vice』『New York Post』などの海外メディアが報じた。
【画像】お墓に建てられた巨大なペニス像
7月23日、ベラクルス州東部にあるミサントラという小さな町で、99歳で亡くなったカタリナ・オルドゥーニャ・ペレスさんのお墓が公開された。
カタリナさんの家族は「彼女にとっての愛と喜びの象徴」として、高さ1.7メートルの陰茎と、重さ270キロの睾丸が合わさった巨大なペニスの像をお墓の上に設置した。
関連記事:亡き婚約者の墓に花壇を設置 愛情深い男性が遺族の意向で逮捕
カタリナさんは何年にもわたって、自分が亡くなった時にはお墓をペニスで飾ってほしいと家族に話していたという。しかし、家族はいつものように冗談を言っており、決して本気だとは思っていなかったと語っている。
そんななか、カタリナさんが亡くなる直前、長年の要求について孫に打ち明けたことから、「ペニスの像」は実現に向けて動き出すこととなった。
カタリナさんにとって、ペニスはどのような意味を持つのか。孫のモタ・リモンさんは、カタリナさんはいつも自分たちのことを「Verga(ベルガ)と呼んでいた」と語る。
Vergaとはメキシコのスラングで陰茎を意味し、カタリナさんは誇りを持って家族をそう呼んでいたという。カタリナさんにとっては「誠実さ、勇気、情熱、そして同時に愛と喜びを備えた不屈の精神を持つ人々」のことを指していたのだと、リモンさんは強調した。
カタリナさんのお墓の写真はすぐにソーシャルメディアで拡散され、地元のメディアからも取り上げられるほどの話題となった。
お墓を訪れる人々について、リモンさんは「10人中7人くらいは肯定的で、少なくともおばあちゃんの気持ちを尊重してくれていると思います」と語る。
また「保守的な価値観の人のなかには、像を快く思っていない人もいます」と、誰もが巨大なペニス像に満足しているわけではないとも語った。
Here’s the moment that Doa Cata’s 600 pound cock and balls statue was unveiled on her grave. #BVE pic.twitter.com/glP1ZK1QYY
Nathaniel Janowitz (@ngjanowitz) July 28, 2022
(文/Sirabee 編集部・びやじま)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする