警官と接触して沖縄の高校生が失明 「大変重い」と県警本部長 離任会見で「心残り」

沖縄県警の日下真一本部長の離任会見が4日、県警本部であり、ことし1月に沖縄市で巡査の男性警察官(29)と接触した男子高校生(17)=年齢はいずれも当時=の右眼球が破裂、失明した事件について「少年が大きなけがを負ったことは私としても大変重く受け止めている。鋭意事案の解明に努めている」と話した。
会見では、発生直後から捜査を始めたと説明。1対1の事案で目撃者もいないことから「困難な捜査」とした上で、現場の再現や第三者の専門家に意見を聞くなど、客観証拠を積み上げていると説明した。「在任期間中に一定の経過を出したかったが、それができなかったことが心残り。新本部長の体制で真実の解明を進めていく」と述べた。
この事件後、沖縄署にあった投石などの器物損壊事件に関して、「警察署は治安の拠点であり、犯罪行為で破壊されたことは県民の安全、安心に影響を及ぼした」と言及。「犯罪行為は看過できない。鋭意捜査を進めて結果が示される」と語った。(社会部・比嘉太一)
警官と接触して沖縄の高校生が失明 「大変重い」と県警本部長 …の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする