事故に遭ったライダーに、警察官が『神対応』 「すごい発想!」「正義のヒーロー」

風を全身で感じながら愛車に乗るのは、バイクのライダーにとってたまらないひと時。
しかし、同じ道路を走る車と比べるとバイクは防御性が低いため、危険も伴ってしまいます。
バイクでツーリングをしていたところ、同行していた知人が事故に遭ってしまったという、たたまる(@cbr600rr_nc23k)さん。
幸い、事故の規模が小さかったため、知人は腕をケガする程度の軽症で済みました。そのため、知人はやって来た警察官に、自ら事故について事情を説明していたのです。
そんな中、知人の靴紐が片方だけ、なくなってしまったことが発覚。事故の際に、靴紐がバイクに巻き込まれ、ちぎれてしまったのかもしれません。
すると警察官は、そんな知人のために、自らの靴から靴紐を外し、差し出したのです!
ちょっと事故って靴紐どっか行っちゃったからなんか紐持ってないですか?ってお巡りさんに聞いたら、自分の靴から靴紐とってあげてた pic.twitter.com/b9woCwll2z
いうまでもなく、靴紐をあげるのは警察の仕事の範囲内ではありません。
自分が歩きにくくなってしまうにもかかわらず、警察官は厚意から、ライダーに靴紐をあげたのでしょう。
その後、無事に帰宅した知人は、警察官とのやり取りを振り返り、「警察の人がいい人すぎて、本当に感謝しかない」と思いを明かしています。
人の優しさが詰まったエピソードは拡散され、警察官に対する称賛の声や、8万件を超える『いいね』が寄せられました。
・なんという優しい世界。こういう素敵な話は心が温まる。
・自分の靴紐をあげるって、すごい発想!まさに『神対応』だ。
・この警察官、かっこいい!困っている人を助ける正義のヒーローのよう。
犯罪や事故を防ぎ、有事の際は急ぎ駆け付けてくれる、警察官たち。
靴紐を渡した彼のような人を、まさに『正義のヒーロー』と呼ぶのでしょう!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする