中学1年生と小学6年生の兄弟が川に流される 兄は助けられるも 海底に沈んでいた11歳の弟が死亡 三重・四日市市

三重県四日市市で、中学1年生と小学6年生の兄弟が川に流され、小学生の弟が死亡しました。5日午後0時半すぎ、四日市市楠町北五味塚の鈴鹿川の河口付近で遊んでいた、中学1年生(12)と小学6年生(11)の兄弟が沖に流されました。警察によりますと、兄は駆け付けた警察官に間もなく救助され、意識はあるということです。
また海上保安部によりますと、弟は流されてから約4時間後に、海底に沈んでいたところを救助され病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。2人は中学生の別の友人とともに、3人で河口付近で遊んでいたということで、警察が、当時の状況についても調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする