お盆の天気 九州~関東は局地的に雨や雷雨 東北や北海道は雨が降る日も 厳しい残暑

お盆の天気 九州~関東は局地的に雨や雷雨 東北や北海道は雨が…の画像はこちら >>
お盆の頃は、九州から関東は変わりやすい天気で、急な雨や雷雨の所があるでしょう。東北や北海道は、広く雨が降る日がある見込みです。例年以上に残暑が厳しいでしょう。
お盆の頃 九州~関東は変わりやすい天気 東北や北海道は雨が降る日も
お盆の頃、11日から17日この期間は、九州から関東を中心に強い日差しが照り付けることがある見込みです。天気マークでは曇りや雨が目立ちますが、すっきりしない空模様ということではなく、変わりやすい天気でしょう。局地的に雨雲がわきやすく、急な雨や雷雨がある見込みです。東北や北海道は、比較的広い範囲で雨が降る日があり、雨脚が強まることがあるでしょう。予報には、まだ大きな幅がありますが、今のところの資料では、13日頃に雨が降る一つのタイミングがあります。
お盆の頃 例年以上に厳しい残暑
全国的に、例年以上に残暑が厳しいお盆になるでしょう。お盆の頃の最高気温は、九州から関東は、33℃前後の日が数日続く所が多い見込みです。東北や北海道も、今の予想より上がる可能性もあり、30℃くらいになる日もあるでしょう。万全な熱中症対策が必要です。
南高北低の気圧配置
お盆の頃、11日から17日この期間は、九州から関東付近は、太平洋高気圧に覆われる見込みです。東北や北海道付近は、前線や低気圧の影響を受けやすい時期があるでしょう。日本付近は、南が気圧が高く、北が気圧が低い、南高北低の気圧配置になる見込みです。日本付近に暖かい空気が流れ込み、気温が上がりやすい気圧配置です。
予報には大きな幅 前線が南下すると北陸付近も広く雨
お盆の頃、11日から17日この期間の予報には大きな幅があります。太平洋高気圧が一時的に弱まることがあれば、北から前線が南下するようなことがあるでしょう。この場合は、北陸付近なども前線の影響で、比較的広い範囲で雨が降ることがあり、場合によっては、近畿から九州の日本海側を中心に広く雨になる可能性もあります。今後、最新の気象情報をご確認下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする