海中で発見された小6の弟が死亡…河口付近で遊んでいた兄弟が海に流される 中1の兄は救助「急に深みに」

5日午後、三重県四日市市で中学1年生と小学6年生の兄弟が海に流され、小学6年生の弟が死亡しました。

5日午後0時40分頃、三重県四日市市で、川の河口付近で遊んでいた鈴鹿市に住む小学6年生の打田晃大さん(11)と中学1年生の兄(12)が、海に流されました。

警察と消防などが捜索にあたり、晃大さんはおよそ4時間後に、河口から50メートルほど離れた海の中で発見されましたが、搬送先の病院でおよそ2時間後に死亡しました。

兄(12)は、捜索後まもなく救助され命に別状はありません。

警察の調べによりますと、2人は中学生の別の友人と河口付近で遊んでいましたが、沖に向かって歩いていたところ、急に深みに入ったということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする