コントのような、絶妙な間 シベリアンハスキーのリアクションに腹筋崩壊

室内でペットを飼っている場合、キッチンや寝室などに柵を設置し、侵入を防いでいるという人も多いことでしょう。
特にキッチンには、刃物やペットが口にしてはいけないものなど、危険がいっぱい。ペットを守るためにも、柵の設置は必要といえます。
しかし、ペットからしてみれば、おかまいなし。
シベリアンハスキーの北斎くんも、柵で侵入できなくなったキッチンに興味津々です。
そんな北斎くんの姿を、飼い主(@neal_doganddog)さんはカメラでばっちりとらえていました。
柵の一部が外れ、顔だけキッチンスペースにのぞかせていた、北斎くん。
カメラがまわっていることには気付かず、珍しいキッチンをまじまじと観察しています。
しかし、ひとたびカメラの存在に気付くと…。
飼い主が背を向けている間に、入っちゃいけないキッチンスペースに「ふーんいろいろあるねぇ」って顔をつっこんでいるところを隠し撮りされてることに気づいて何事もなかったように去る犬 pic.twitter.com/gBidgBOjB6
しばし流れる、気まずい沈黙。耐えられなくなったのか、北斎くんは何事もなかったかのように、その場を去っていきました。
【ネット上の声】
・体は入ってないから、怒られない!セーフ!
・怒られないギリギリのラインを攻める。なんて賢いんだ。
・ダメといわれると、余計にやりたくなるのは犬も同じなのかな?
まるでコントのような絶妙な間を取る、北斎くん。その姿は、多くの人に笑いを届けてくれたようです!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする