小中学校に太陽光パネル 余剰電力は公共利用 横浜市と東京ガス

脱炭素社会への取り組みが教育現場でも広がっている。 小中学校に設置した太陽光パネルで発電した余剰電力… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする