専門家会合「濃厚接触者の待機期間の短縮を」きょうにも政府に提案

厚労省にコロナ対策を助言する専門家組織は、現在、14日間としている濃厚接触者の待機期間を短縮するべきとの見解をまとめました。具体的な見直しの内容をとりまとめ、きょうにも政府に提案する見通しです。
きのう開かれた専門家会合の後の会見で脇田座長は、国内ではオミクロン株の感染拡大が急速に進み、自治体や交通機関などで働く「エッセンシャルワーカー」にも感染が広がることで社会活動の維持が困難になる可能性があると危機感を示しました。
そのうえで、現在、14日間求めている濃厚接触者の待機期間などを「科学的知見に基づき適切に見直していく必要がある」と指摘しました。
専門家は「待機期間を10日間」に短縮することを軸にした案を政府に報告する見通しで、政府はこれをもとにきょうにも具体的な結論を出す方針です。(14日00:08)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする